外傷、脊椎外科、人工関節、スポーツ整形

Orthopedic Surgery Professional

外傷、脊椎外科、人工関節、スポーツ整形

Orthopedic Surgery Professional

外来担当表

午前
08:30~12:00
大西 勝亮 中島 悠 大木 浩 新熊 孝文 大木 浩 ★交替制:
大西 勝亮
中島 悠
岩本 摩耶
野村 興一 岩本 摩耶 大西 勝亮 岩本 摩耶 中島 悠 ★交替制:
予約なし
大木 毅 武井 聰 新熊 孝文 大木 毅 武井 聰
午後
17:00~19:00
大西 勝亮 武井 聰 大木 浩 大木 毅
野村 興一 中島 悠 小阪 寿憲 岩本 摩耶
大木 毅※1 ※2
(上肢担当)
新熊 孝文※1
(下肢担当)
※1 スポーツ整形
※2 受付番号45番までで終了とさせていただきます。

専門分野 学会認定医等

氏名 専門分野 学会認定医等
大木 毅 整形外科全般
脊椎外科
スポーツ整形外科
外傷一般
医学博士
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
産業医
大木 浩 整形外科全般
外傷一般
武井 聰 整形外科全般
人工関節
外傷一般
日本整形外科学会 専門医
辻 貴史 整形外科全般
外傷一般
医学博士
日本整形外科学会 専門医
新熊 孝文 整形外科全般
スポーツ整形外科
外傷一般
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
日本医師会 認定健康スポーツ医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医
義肢装具等適合判定医
AO Trauma Japan上級会員
野村 興一
(非常勤)
整形外科全般
外傷一般
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
小阪 寿憲
(非常勤)
整形外科全般
外傷一般
日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
大西 勝亮 整形外科全般
外傷一般
岩本 摩耶 整形外科全般
外傷一般
中島 悠 整形外科全般
外傷一般

診療概要

外傷、脊椎外科、人工関節、スポーツ整形、再生医療など毎日手術を施行していますので、手術の待機期間は比較的短く早期の手術加療が可能です。

医師
常勤医師5名、後期研修医3名
手術数
1,235件(2018年度実績)

整形外科の処置・手術

Surgical Results

外傷

切り傷や擦過傷などの軽傷から骨折や筋肉・腱・靭帯損傷、神経血管損傷などの重傷に至るまで整形外科専門医が治療を行います。
当科では外傷だけで年間約600件以上の手術を施行しています。

  • 手術待機日数を減らし、床上での安静期間を短くし、早期の社会復帰を目指す。
  • 24時間の救急体制をとり、緊急手術にも対応、小児の骨折に対しても迅速な対応をする。

9歳男児/転倒受傷

9歳男児転倒受傷

脊椎外科

脊椎とは、いわゆる首と言われる頚椎、背中と言われる胸椎、腰といわれる腰椎、お尻といわれる仙椎、尾骨から成ります。こちらの脊椎機能障害の原因となるものは、外傷、変性、発育障害、腫瘍、代謝障害、先天奇形があります。これらの原因の急性発言や慢性経過から疼痛、感覚障害、運動障害、不安定性や変形が生じることとなります。治療法は、保存的治療と手術的治療があります。

当院では椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折後偽関節、脊椎変形、硬膜内髄外腫瘍、脊髄症、靭帯骨化症、化膿性脊椎炎、外傷などに対して手術を施行しています。

手術法は低侵襲手術の顕微鏡手術、椎体形成術から変形矯正、外傷に対して固定術など様々な手術法を用い、個々の患者様に最適な手術を選択しています。入院期間は顕微鏡手術では4~5日、固定術などでは2~3週間の入院期間となります。術後のリハビリも重要で、早期社会復帰、再発予防のため、入院中だけでなく退院後のリハビリも行います。当科では年間約120件の脊椎手術を施行しています。

保存的加療の治療もしっかり行っています。近年、高齢化に伴う脊椎変形による腰痛、歩行障害を生じている患者様が激増しています。

保存的治療としては、消炎鎮痛剤、リハビリ、神経ブロック注射、装具療法などがあります。そして、これらの保存的治療に効果が得られない患者様には、手術的治療を行うこととなる訳です。

最も重要なことは、変形が完成する前にリハビリやコルセットで変形を予防することと考えています。当院では定期的な診察を行い、障害が進行しないようリハビリを行うなど予防医学にも力を入れています。

L3/4、4/5狭窄症

狭窄症

T12圧迫骨折後偽関節による脊髄円錐部不全麻痺

T12圧迫骨折後偽関節による脊髄円錐部不全麻痺

人工関節

身体には、沢山の骨があり、それぞれの隣接した骨の間に関節があります。大きい関節は、足関節、膝関節、股関節、手関節、肘関節、肩関節がありますが、これらの関節は慢性関節リウマチや加齢による変形性関節症によって疼痛、変形をきたすことが多く認められます

慢性関節リウマチや加齢にともなう軟骨の経年的変化によって疼痛や変形をきたし、特に荷重関節と呼ばれる股関節、膝関節、足関節に起こると歩行に障害が出てきます。

治療は、関節内注射、リハビリや装具療法などの保存的治療により症状が軽快される患者様が多いですが、これら保存的治療で症状の改善が認められない患者様には手術的治療を行うことになります。
手術的治療として、当科では人工関節置換術を行い、患者様に満足していただける成績をあげており、年間368例(人工骨頭を含む)の人工関節置換術を施行しております。

骨・関節外科手術件数

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術とは、変形性膝関節症や関節リウマチによって傷んで変形した膝関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。

人工関節は、主に金属やポリエチレンなどでできており、関節の痛みの原因となっている部分を取り除くため、他の治療法と比べると「痛みを取る」効果が大きいのが特徴です。
人工膝関節置換術には大腿骨部、脛骨部、膝蓋骨部すべてを置き換える全置換術と関節表面の傷んでいる部分だけ(内側、外側、または膝蓋骨部のみ)置き換える部分置換術があります。

部分置換術では通常の人工関節に比べ小さなインプラントを用いるため、一般的に皮膚の切開や骨の切除量が少なくなります。侵襲が少ないため身体への負担を軽減しスムーズなリハビリテーションや早期の回復が期待されます。また、靭帯バランスを温存するため自然な動きを再現でき術後の可動域も良く患者様の満足度も高くなっております。

当院では部分置換術を積極的に行っており、少ない侵襲で超高齢者や持病をお持ちの患者様でも安心してできる治療を行っております。

膝人工関節手術件数
膝人工関節
年間239件中 部分置換127件(53%)・・・2018年度 実績
年間229件中 部分置換133件(58%)・・・2019年度 実績
人工膝全置換術
膝に関節が全体的に傷んでいる場合

人工膝関節全置換術

大腿骨・脛骨の関節面、及び膝蓋骨・大腿骨の関節面を人工関節に置き換える方法です。

一般的には前十字靭帯を温存する手術と、切除する手術があります。変形の度合いによって選択します。
手術翌日から疼痛に合わせて歩行練習、可動域練習を行い、一般的には手術後3週間から4週間程度で独歩・階段昇降が可能になり退院されます。

また手術ではナビゲーションシステムを使用し、より正確な人工関節の設置を行うようにしています。高度の変形性関節症の患者様が対象になります。

全置換型全置換術・全置換型

人工膝関節全置換術

人工膝関節部分置換術

大腿骨・脛骨関節面の内側又は外側の関節面のみを人工関節に置き換える方法です。

単顆型人工関節置換術(UKA)
膝関節の内側、外側いずれかの関節面が傷んでいる場合
部分置換型部分置換術・部分置換型

人工膝関節部分置換術
膝蓋大腿骨関節置換術(FPA)
大腿骨・脛骨関節面の関節面のみを人工関節に置き換える方法です。
膝蓋大腿関節置換術膝蓋大腿関節置換術

膝蓋大腿骨関節置換術

スポーツ整形

膝関節のスポーツ外傷である前十字靭帯損傷と半月板損傷の手術を行っています。前十字靭帯は関節の中の靭帯なので、切れたら元通りにつながらないと言われています。そこで、手術の方法としては健常部分から腱を採取し、それを新しい靭帯として使用する、靭帯再建術を行っております。

半月板損傷は可能な限り縫合術を行い、半月板の温存に努めております。日本人に多い円板状半月板に対しては、正常な半月板の形状に近づける関節鏡視下半月板形成縫合術を行っております。膝蓋骨脱臼に関しても靭帯の緩みが原因で生じているため、内側膝蓋大腿靭帯の再建術を行っております。

また、膝関節だけでなく、足関節(足関節外側靭帯損傷、足関節インピンジメント症候群、三角骨障害、距骨骨軟骨損傷)、肩関節(腱板断裂、インピンジメント症候群、拘縮肩、反復性肩関節脱臼)に対しても小さい傷あとで治療を行える、低侵襲な関節鏡手術を積極的に行っております

膝、肘、足関節の離断性骨軟骨炎、軟骨損傷に対しても自家骨軟骨移植、自家培養軟骨移植や、PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)といった治療法を行っております。初期の変形性膝関節症に対しては、O脚を伴う半月板変性、軟骨損傷に対して半月板手術だけでは不十分な場合もありますので、高位脛骨骨切り術を併用しています。

また、現在最も力を入れているのはスポーツ愛好家からアスリートまでのすべての方の障害予防と早期発見・早期治療であります。
リハビリテーション科や、トレーニングジムS.C.A.と協力し、スポーツ復帰される患者様が増えてきております。

関節鏡手術

半月板縫合・切除

年齢・活動性を考慮いたしますが、可能な限り縫合を行います。

前十字靭帯再建術(ACL)

前十字靱帯は膝の前後の安定性に重要な靭帯です。切り返し動作、直接の接触などで断裂します。靭帯が損傷すると、膝関節の前後、回旋に不安定な状況になってしまいます。

この靭帯は関節の中の靭帯なので、切れたら元通りにつながらないと言われています。そこで、手術の方法としては健常部分から腱を採取し、それを新しい靭帯として使用する、靭帯再建術を行うのが一般的です。実際には膝の前の骨と腱(膝蓋腱)や大腿部内側のハムストリング腱(半腱様筋、薄筋)や大腿四頭筋腱を利用します。

ハムストリング腱や大腿四頭筋腱
ACL損傷膝・靭帯再建膝

手術翌日から車いす、松葉杖を使用してリハビリ開始します。ニーブレスを1週間装着後、可動域訓練を行います。術後4週間は松葉杖歩行です。ジョッギングは3か月から、ダッシュは6か月以降です。

再建靭帯の成熟には時間がかかるため、膝の動き、筋力が改善しても運動に耐えられません。よってスポーツ復帰は6~8か月になります。

再生医療

骨軟骨移植(モザイクプラスティー)

膝関節の中でも後遺症を残しにくい部分(大腿骨滑車部)から、自分の正常な軟骨を骨ごと採取し、これを膝関節や肘関節の軟骨が損傷した部位に移植する方法です。

自家培養軟骨移植

自分の軟骨組織の一部を採取し、これを適当な培地及び培養基材と共に培養することによって試験管内で軟骨組織を再生させ、これを損傷部位に自家移植する方法です。

自家培養軟骨移植自家培養軟骨移植

PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法

慢性(難治性)腱炎・腱付着部炎

  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • アキレス腱障害(アキレス腱炎・腱周囲炎)、足底腱膜炎

その他

  • 変形性関節症、半月板損傷、肩関節周囲炎、腱板損傷、肉離れ(筋不全断裂)
  • 靭帯損傷、難治性骨折など

PRP治療の流れ

  1. 患者様の血液を30ml~32ml採取します。
  2. 遠心分離機に2回かけてPRP(多血小板血漿)のみを取り出します。
  3. PRPを患部周辺に注入します。

PRP治療PRP療法

整形外科に関するコラム

保存的治療(手術をしない方法)について
変形性関節症とは、加齢による関節の軟骨がすり減り変形を起こしてくる疾患です。膝の軟骨は膝の屈曲、荷重にかかる圧力に対するクッションの役割をしていて、損傷すると治癒することはありません。…詳細を見る
対象:前十字靭帯損傷や半月板損傷など
関節鏡視下手術は、直視下手術(従来の切開する手術)に比べて手術創が小さく低侵襲で、術後の疼痛が軽減されます。さらに手術創が小さいことで膝関節周囲筋肉の機能を低下させる可能性が少なく、スポーツの復帰が早いという話もあります。…詳細を見る