看護部の特徴

整形外科に特化しているため、「整形外科」を学ぶには適した病院です。
一般病棟・回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟と3つの機能がそろっているため、周術期から退院までの一連の看護ができ、また、外来から入院、そして地域生活につなぐ看護ができる病院です。

外来から入院、地域生活へ

特徴その1

  • 当院は24時間365日整形外科の二次救急患者を受け入れ、周術期看護を提供しています。
  • 理学療法士・作業療法士との協働によるリハビリテーション看護を提供しています。
  • 教育は専門職として主体性を持ち、自立した看護師を育てること。クリニカルラダーは4段階、そのうえにキャリアラダーとして整形外科分野の院内エキスパート育成ができるプログラムし、実践しています。

特徴その2

  • 看護体制:
    • 一般病棟/10対1看護
    • 地域包括ケア病棟/13対1看護
    • 回復期リハビリテーション病棟/15対1看護
  • 夜勤体制:
    • 一般病棟/看護師4人
    • 地域包括ケア病棟/看護師3人 看護補助者1人
    • 回復期リハビリテーション病棟/看護師1人 看護補助者1人
  • 看護方式:
    • チームナーシング+継続受持制
  • 看護記録:
    • POSによる記録